汗をかく 避暑・夏の過ごし方

08-01,2017

今年の夏は、毎日滝のような汗をかいています。
汗をかくことは、排尿の13倍のデトックスといっている人もいます。(が、真相は分かりません。)

汗にも「サラサラ汗」と「べっとり汗」があります。
無題

サラサラ汗は激しい運動の後に、たっぷりかける汗です。
べっとり汗は、低温で半身浴したり、夏の暑い日にじとーっとかく汗です。

夏のじとーっとした日にかく「べっとり汗」は、
・皮膚がかゆくなったり、
・チクチクしたり、
・悪臭を感じたり
といやなイメージですが、簡単に言えば毒素が出ているデトックス汗です。

カラダをきれいにしてくれていると思えば、受け止め方はちょっと違う。
べっとり汗も、ちゃんと仕事しています。

ただ、汗にたっぷり毒素が含まれているので、さっとシャワーでも浴びて皮膚トラブルを避けたいところです。
私は、べっとり汗をかくと、肌がチクチク感じて辛いです。

そして、大量にかく「サラサラ汗」は、体温調整の機能が高いです。
カラダにこもった体温を、毛穴という出口から放出する感じです。

大量のサラサラ汗をかいた後は、「暑い、暑い」と言うことがぐっと減ります。
汗をさっとかける人は、夏バテしていることはあまりありません。

私は大人になってから、今年一番汗をかいているのですが、今年は夏の辛さをあまり感じません。

そんなにクーラーも必要としません。日中にクーラーを付けることは、まずありません。
扇風機があれば十分です。

クーラーが付いている → 汗をかかない → 体温調節が出来ない → 暑いまま 

汗をしっかりかいて → シャワーをあびるか、汗をきちんと拭きとる → カラダがクールダウン 

ただ、その時に大切なのは、衣類の交換 または シルクの下着 です。

汗で湿った衣類を着続けることは、気持ち悪いのはもちろん、カラダを冷やすことになります。

カラダの余分な熱を発散することとは違い、外からカラダを冷やされてしまうのは、夏でも大敵です。

シルクの下着は外の服に含んだ水分を放出してくれます。そして乾きも早いです。

シルク(下着)を着用していると、肌に触れる部分はすっと乾き、カラダを冷やしにくくなります。

「腐っても鯛」ではありませんが、かわいい化繊の下着があっても、長年着てへたれたシルクが横にあったら、つい手が伸びてしまうのはシルクの下着です。

夏もべとつかず着心地はばっちりです。

肌と体感がシルクを着用している時の、着心地を覚えているので、どうしてもこれだけは変えられません。

おっと、話がシルクにそれてしまいましたが・・

涼しい顔したイケメン、アイドルも良いですが、気持ちよく汗をかいているその辺の汗っかきの人々にも敬意をしめしましょう。


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/

さいたまで ラッキーWednesday!

07-24,2017

こんにちは、暑さが続く日々ですがお元気でしょうか?

さいたまのセッションに、ラッキー・ウェンズデイ Lucky Wednesdayを始めることしました。
wednesday.png

毎週水曜日の 10:30~、 12:30~、 14:30~ この3枠は
 1セッション  12,000円です。 <通常15,000円>


長男が今年小学校に入り、夏休みというものを味わっております。
sunflower.png
そういえば、こども園に入る前はいつも一緒で、セッションの時には両親に預けたり、夫婦で交代で見ていたりしていたものです。
さいたまでのセッション時には、四ツ谷から埼玉までいつもおんぶして通っておりました。

ロルフィングのセッションは、私にとって仕事でもあり、人生を豊かにしてくれるものであり、自己探求と啓発の源です。
なので、セッションの日々はとても楽しいものです。

しかーし2児の母でもあり、夏休みを迎えた息子とも向き合うために、
さいたまでのセッションをなるべくまとめられると嬉しいなという、本当に本当に個人的な(いや勝手な・・) 都合の為、
水曜日に来てくれた方には、特別価格でセッションをさせていただこうと思います。

この企画は、夏休みいっぱいかもしれないし、秋までかもしれません。
 → 今年2017年いっぱいまで延長にしました。
以前から興味のがあった方は、急いでお申し込みを!

お申し込みの際は ”ラッキーウェンズデイ”でお願いします。と一言お伝えください。

もう少しでロルファー認定されてから8年が経過しようとしています。
経験あるロルファーのもとで、セッションをお考えの方はぜひお越し下さい。

今まで、ヨギー、バレリーナ、実業団ランナー、妊活、もっと子どもと上手く付き合いたい、年に負けない動けるカラダを目指す、ライター、疲労に悩む、ご夫婦でもっと人生を楽しみたい、自分をもっと好きになりたい、そんな方々にセッションをさせていただいています。


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/

やりたいことをする! 好きなことを増やす! 生き生きした生活のために

07-03,2017

ロルファーにいつです。

ただいま、合気道にはまっています。

昨年の秋から、子連れ可能な合気道に参加させていただいていました。2週に1度位のゆったりペースで。

しかーし!

「もっと学びたい。」(ウズウズ)

その思いが募り、もう少し本格的にやろうと決意し、今年の5月から1人で道場に通うことにしました。

スケジュール的に私が参加できるのは、初心者クラス朝の7:00~8:00。
その時間に参加するということは、小学校1年生の長男の朝の生活は全く面倒が見れない。顔を見ることもない。
2歳の次男はかろうじて、保育園に送っていくことは出来るが、それまでの準備は面倒が見れない。

もちろん、ここで頼りになるのは旦那様です。

「週2日か3日、朝の子どもの面倒をお願いできますか~?」

誰よりも協力的で、私の「やりたい」気持ちのバックアップをしてくれる旦那様なので、快諾! やったー!

しかし入会してみれば、面白くてしょうがない。

気が付けば、
先々々週は5日(平日毎日!)
先々週は 5日(平日毎日!)
先週は  4日(雨が降った1日だけ休み)

道場に足しげく日々。

長男に「お母さん、朝居ないの寂しい?」と聞いたら
「寂しいよー。でも合気道いきたいんでしょ。もーしょうがないなぁ」

ちゃんとしていない母のもとには、理解のある懐の深い息子があてがわれえるものです。

我が家の男子たちよ、ありがとう!




イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/

Rolfing Picnic for Rolfing Day 満員盛況で終えました!

05-30,2017

2017年5月24日に友人ロルファーと一緒にRolfiing® Picnicを開催いたしました。

この企画はロルフィング®の始祖である、Dr Ida Rolf(ロルフ博士)の誕生日の5/19を祝って、
世界各地で有志のロルファー達が、子どものためクリニックディを開いたり、
ロルフィング®に興味を持っている方向けの、ミニセッションやミニセミナーを開いたりしています。

友人ロルファー達と計4人で、どこか場所をお借りして、開催するようになったのは3年前。
3年連続で多くの方に足を運んできていただきました。

Rolfing® Picnic
まるでPicnicに行くかのように、さわやかな風を感じ、木々の緑に差す日差しにまぶしさを感じながら
Rolfing®を楽しみに受けに来てほしい

そんな願いから名づけられた、このRolfing®Picnic、
今年はあの、なかしましほさんのお店 FOOD MOODで開催させていただきました。
なかしましほさんのバター・白砂糖・牛乳を使わないお菓子作りの本は有名ですよね。
私も、長男と何度となく、菜種油とメイプルシロップのクッキーを作っています。(分かる人には分かるはず)

おっと、話がそれましたが、FOOD MOODさんで募集をかけていただいたおけげで、
あっというまにセッション枠は満席、キャンセル待ちも出るほどでした。(あぁ~ありがたや)

当日の様子はこんな感じimage2.jpg

FOOD MOODさんの落ち着いた空間の一部をお借りして、女性ロルファー4人で交代後代のセッション。

20分ちょっとのショートセッションでしたが、
自分のカラダをしっかり感じたり
いつもは意識しないカラダの広がり、動きを認識したり
当たり前すぎてフォーカスしていない呼吸を味わったり
足を感じることで、グラウンディングの質を上げたり

20分でもカラダという優秀なセンサーを率いることで、沢山の気づきや発見を感じていただけました。

千葉や埼玉北部から受けて来て下さった方
去年受けた感動をもう一度と、今年も来てくださった方もいて、本当に本当にありがとーう!

また、来年が楽しみです。
ありがとうございました。
image7.jpg
左から
池田円(調布)
にいつゆきこ(四谷・さいたま・下高井戸)
石割佳恵(逗子)
高橋美穂子(鎌倉)


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/

トラウマと身体

04-25,2017

先月、ロルフィング協会で開催されたワークショップに、にいつ・岡部共に参加してきました。
SE(ソマティック・エクスペリエンス)の講師でもあり、ロルファーの講師でもレアル・キーン先生。

トラウマはカラダに(正確にいうと神経系に)取り残されたフリーズ状態。
日本語に【トラウマ】と聞くと、少し大げさにとらえていることもあるかもしれません。
精神的大ショックなこと、大きな事故の後などに起きやすいことだと思われていたり、トラウマを持っている人はわずかと思われていたり。

でも、実は誰でもいつでも起きることなんです。
そして、きっと全員と言っても良いくらいの人が、カラダのどこかに持ち合わせているようなとっても身近なもの。

レアル先生の言葉を借りれば
私たちは生活の節々で、ちょっとしたチャレンジ(挑戦)をする機会がある。
そのチャレンジをクリアーすれば、それは自身につながる。
しかしその逆、チャレンジをクリアーしなかったときに、その記憶が神経系の中で残ってしまう。

簡単な例を挙げれば、
ヒョイっとは飛び越えられないような、大き目な穴が目の前にあって、その穴を上手く飛び越えることが出来れば、
それは達成感つまり自信につながる。
しかし、不運にもその穴を飛び越えられずに落ちてしまえば、
その時の恐怖感や緊張は神経系に残ったまま、記憶させられてしまう可能性を十分に秘めている。
また、実際は飛ばずに飛ぶ直前で恐怖で足がすくんだ時にも、
その時の交感神経の驚異的な高ぶりは神経系に残ることもある。

ここで言いたいのは、だから穴を飛び越えるときに気を付けろとか、
トラウマはすぐそこに潜んでいるなんて脅しでは無くて、
そんな程度の穴なんて、へっちゃらさ~と感じている人には
「は!?何であんな穴で?」と思われるようなことでも、
ある人にはトラウマになることも十分にあり得るのです。

まさか、あんなことでって自分で思っていても実際に起きる。

カラダはそれだけ、繊細です。

副交感神経(リラックス神経)が交感神経(活性神経)より優位になることで、その高ぶりを解放出来ることも多いです。

ロルフィングのセッション中は、トラウマにフォーカスすることはありません。
でも、ディスチャージ(解放)のサインのカラダが無意識に小刻みに震えたり、ピクピクする現象は良く起きています。

ピクピクしていたことさえ、受け手の人は覚えていないほど、深くリラックス(寝ているように見えますが・・)している時ほど、
セッション後の姿は良い脱力感が生まれて、パターン(癖が)手放されていることもあります。

うん、自信もって「セッション中は寝てても良いですよ!」と言いたいものです。

あぁ、カラダの探求は終わり知らずです。
suihei1.png


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)