汗をかく 避暑・夏の過ごし方

08-01,2017

今年の夏は、毎日滝のような汗をかいています。
汗をかくことは、排尿の13倍のデトックスといっている人もいます。(が、真相は分かりません。)

汗にも「サラサラ汗」と「べっとり汗」があります。
無題

サラサラ汗は激しい運動の後に、たっぷりかける汗です。
べっとり汗は、低温で半身浴したり、夏の暑い日にじとーっとかく汗です。

夏のじとーっとした日にかく「べっとり汗」は、
・皮膚がかゆくなったり、
・チクチクしたり、
・悪臭を感じたり
といやなイメージですが、簡単に言えば毒素が出ているデトックス汗です。

カラダをきれいにしてくれていると思えば、受け止め方はちょっと違う。
べっとり汗も、ちゃんと仕事しています。

ただ、汗にたっぷり毒素が含まれているので、さっとシャワーでも浴びて皮膚トラブルを避けたいところです。
私は、べっとり汗をかくと、肌がチクチク感じて辛いです。

そして、大量にかく「サラサラ汗」は、体温調整の機能が高いです。
カラダにこもった体温を、毛穴という出口から放出する感じです。

大量のサラサラ汗をかいた後は、「暑い、暑い」と言うことがぐっと減ります。
汗をさっとかける人は、夏バテしていることはあまりありません。

私は大人になってから、今年一番汗をかいているのですが、今年は夏の辛さをあまり感じません。

そんなにクーラーも必要としません。日中にクーラーを付けることは、まずありません。
扇風機があれば十分です。

クーラーが付いている → 汗をかかない → 体温調節が出来ない → 暑いまま 

汗をしっかりかいて → シャワーをあびるか、汗をきちんと拭きとる → カラダがクールダウン 

ただ、その時に大切なのは、衣類の交換 または シルクの下着 です。

汗で湿った衣類を着続けることは、気持ち悪いのはもちろん、カラダを冷やすことになります。

カラダの余分な熱を発散することとは違い、外からカラダを冷やされてしまうのは、夏でも大敵です。

シルクの下着は外の服に含んだ水分を放出してくれます。そして乾きも早いです。

シルク(下着)を着用していると、肌に触れる部分はすっと乾き、カラダを冷やしにくくなります。

「腐っても鯛」ではありませんが、かわいい化繊の下着があっても、長年着てへたれたシルクが横にあったら、つい手が伸びてしまうのはシルクの下着です。

夏もべとつかず着心地はばっちりです。

肌と体感がシルクを着用している時の、着心地を覚えているので、どうしてもこれだけは変えられません。

おっと、話がシルクにそれてしまいましたが・・

涼しい顔したイケメン、アイドルも良いですが、気持ちよく汗をかいているその辺の汗っかきの人々にも敬意をしめしましょう。


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK