FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロルフィングって・・・

04-05,2016

「ロルフィングって何ですか?」

よくこのような質問を受けます。
私が初めてロルフィングを受けた12年前に比べれば、知名度は格段に上がりましたが、それでもまだまだ知らない方のが多いのが事実。だからこのような質問を受けるわけですが。

実は、なんと説明してよいか分からない・・・
というのが、ロルファーになって7年経った今でも、本当の気持ちです。

まず1つ、聞いた方はヨガみたいなものとか、マッサージみたいなものとか、整体とか、何か知っているカテゴリー分けしてもらうと分かりやす様ですが、どれとして当てはまらない。

「身体教育です。」

っていうと、「はっ?」となるわけです。余計わかんないよ・・と。

もっと簡単に言うと、
「からだがもっとイキイキ出来るように動きを良くします」
「筋膜のバランスを整えます」
なんて言おうものなら、整体と何ら違いが分からなくなってしまう。

ロルフィングはその人のからだにある制限を取り除いて、より動きやすくし、
そして自分自身を良く知り上手く付き合うための一番親身なスキル・戦略だと思います。

からだにだけアプローチするのではなく、神経やトラウマ、自分にしか感じられない、からだの中の感覚「身体感覚」を得るためのスキルを磨くセッションでもあります。

からだとこころは一体でもあり、そして「自分」と「自分のからだ」は一緒です。
しかし、その「一緒」という意味を間違えて理解している人がどれだけ多いことか。

自分の所有物と思い込んだり、自分の思い通りにからだが動くのが理想と思ったり。
痛みがあることに不満を感じたり、ここ一番って時に疲労感があると「あ~、もうっ!」思ったり。

からだはあなたの本音。
痛みがあるときは、「ここに負担かけすぎですよー」(そういえば、同じ姿勢ばっかしてる・・・)
疲労感が抜けない時は「ちょっと、無理しすぎですよ。いったん休まなきゃ」(あ、気が付かない振りしてたのに・・・)

あなたが気が付かないか、気が付かない振りをしているときに、声以外でサインを送ってくれている。
脳を使いすぎている人こそ、起きるこの現象。

それでも、からだの声を無視して脳ばかりを活性化して突っ走るか(バタンとなるまで・・)
「あ、やば!突っ走りすぎた。そろそろ脳を少しお休みして、からだの思考に切り替えなきゃ」とからだ優位に切り替えるか。

そのバランスを上手に使いわけ出来る人が、自分のからだを良く知っている人。
知識だけあってもしょうがない。

ロルフィングでは、その身体の声の聴き方、からだ優位の仕方なども学ぶ、学校では教えてくれなかった、からだの気づきの学びの場です。

でもね、いきなり
Q.「ロルフィングって何?」
A.「身体の気づきの学びの場」
って言っても、みんな???でしょ。

だから、説明するのが難しいんだよね。



イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。