FC2ブログ

60歳代でも、出来ることをもっと増やすために!

05-02,2014

本日、60代のご夫婦がセッションを初めて受けにいらしてくれました。

「膝や腰を悪くする前は、二人でいろんなところに歩いて買い物にも行っていたんですよ」
「トレッキングに行こうと、靴から雨具からみんな買いそろえたばかりだったんですよ」

ご夫婦で、また一緒に散歩をしたい、一緒に山にも行きたい。

言葉のあちこちから、もっと身体が楽に動かせるようになったらしたいことがある という願望が聞こえてきました。

ロルフィングは治療ではありません。治してあげる、という視点では診ていません。

自分がどんな風になりたいのかはとても大切です。(痛みを軽減してもっと楽しく動きたいなどは大歓迎です)

私はセッション中には主役には決してなれません。
クライアントさんとクライアントさんの身体が主役であり、どんなふうに身体と付き合っていきたいのかが明確であればあるほど、そのなりたい自分像に近づける様に導く・サポートしやすくなります。

散歩を楽しめるようになるには、まず膝の負担を減らせるように、足首の角度をチェックして、ほんの少しでも角度が変わると膝にはどんな影響が出るかを、何度も試して、感じたことを言ってもらって・・・。
自分の身体で起きた変化・感覚にじっくり意識を向けてもらい、負担のかからない体重のかかり方などを一緒に模索していきます。

そこに「治してよ」って感覚があると、このステップはめんどくさく感じるのです。

今日いらしたご夫婦は、わずかな変化も感じ取ろうとして、少しでも楽になると「お!」と嬉しそうな顔をされます。
みている私も、嬉しくなります。

お互いの姿勢や歩き方を見て、「うん、胸が開いた感じだよ」「姿勢良くなったんじゃない?」と二人で目標に少しづつ進まれている感じです。

ぜひ、これをしたいなぁ。出来るようにするには、どうしたらよいかなと考えることがあれば、ぜひお近くのロルファーに一度相談してみてもよいと思いますよ。(もちろん、出来ないこともあると思いますが・・・)


 


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)








スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK