FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

10-12,2013

先日、ワークショップを受けてきました。
ずっと、学ぶたかった「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」(以下クラニオ)

なかなか、日本では学ぶ機会がなく、Carolというロルフィングも38年のキャリアのある女性から受けたかったということもあり、昨年末から、1年弱準備して今回はオーガナイズ兼受講をしていました。

まず、「クラニオセイクラル」とは・・・・
頭蓋と仙骨まで背骨に沿って脳脊髄液が通っています。

頭蓋骨は大人になると閉じると言われていますが、実際はミクロン単位での動きがあります。
仙骨も同様に。

その動きを妨げているもの(緊張や過去の怪我の後遺症、または身体のアンバランスで生まれる歪み)があると、脳セキヅイ液は上手に潤滑することができません。

その脳脊髄液の流れをスムーズにしていくことです。

治療では無いので、これをすることで何が治るとは言えませんが、深いリラックス、視界のクリアー感、疲労感の回復、落ち着きの取り戻しなどを感じる方が多くいます。

そして、「バイオダイナミクス」
私たちの身体の大きさは、皮膚という触ることが出来る範囲までで無く、肉体を超えたゾーンにもエネルギーや意識を向けることが出来ます。そのゾーンにもアクセスしながら、受け手の方のスティルネスを受け入れて、共に居ることで、本来の治癒力を引き出します。

私たちの生活の中には多くの自然のリズムがあります。波や風の動き、干潮と満潮、満月と新月、女性の月経周期など。

その中でも、Long tide(ロングタイド)と呼ばれる動きは、アメーバーや粘菌のような微生物、単細胞の細胞の中でも起きています。50秒でゆっくり行って、50秒でゆっくり帰ってくる。

もちろん、私たちの身体の細胞の中でも起きている動きです。
脳脊髄液にアプローチすると必ず感じられる動きです。

このLong tideにリズムを合わせて、からだをtuning(調整)するといろいろな変化があります。

私は、実際WS中のセッションとCarolからの個人的なセッションを通じて、多くの変化を感じることが出来ました。
詳しくはこちらをご覧ください。

細胞レベルでの身体の調整と聞くと、わずかな変化のように感じますが、私たちの身体の根本的な部分です。そこが安定することで、からだ全体の安定(バランス)が生まれてきます。




イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸・池袋)
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。