「嫌」との付き合い方

09-02,2012

前回のブログ更新から、気がつけば2カ月近く経っていました。
なぜか、やりたくない。

PCの前に来ると、「嫌」という気持ちが出てきて、
ブログの更新なんて、なかなか辿りつけなかったのです。

からだに意識を向けて、からだの声を聞くようになってから、
意外とからだが拒んでいたことは、多かったと気がつかされます。

この「嫌」という気持ち・感情ってとても大切なサインなんです。

誰にでも、NOと言う権利はあります。

これを悪いことと思ってしまうと、こころと行動(からだ)のギャップが出てきてしまう。
これを繰り返している人のからだは、カチカチです。
そして、からだに意識を向けることがとても難しくなってしまっている。
セッションで「どうですか?」と聞いてみても、「?」「良く分かりません」が多い気がします。

本能やからだが率先していない時は、一歩下がって考えると、大抵理由が見つかるものです。
その時は頭で考えるのではなく、胸や腹に聞くのです。

頭を使い過ぎの世の中です。
たまにはただ寝っころがって、手足や胸・お腹の感覚に意識を向けてみてください。



ロルフィングの詳細はこちらを
イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK