コンティニアム 

05-10,2012

先日、コンティニアムのワークショップに参加してきた。

コンティニアムは「動く瞑想」の様なボディーワークだ。

身体の状態に意識を向けて、自分の身体の欲求に耳を傾け、それに従う。

講師のドナリアは「トラウマ・ストレスリリース」にフォーカスしたクラスを開催してくれた。

私たちの身体は80%が水分で出来ているにもかかわらず、
固まり、コリを感じたり、動きが悪くなることが多々あります。

現代社会に付きもののトラウマやストレスは身体を固める要因の一つです。
身体の奥底で固まった部分が、微細でも動き始めると、そこから解放されることがあります。

実際にコンティニアムを体験してみて感じたのは”セルフヒーリング”
「身体の状態に意識をむける」ことで、自分をみつめ
「身体の声に耳を傾ける」ことで落ち付きながら、自分の発見をし
「身体の欲求に従う」ことで、自分(からだ)をゆるめる。

今回は初めて朝から夜まで息子を預けて参加したワークショップ3日間でした。

初日が終えた際は、???と良く変化を感じられなかったのですが
自宅に帰り、1歳3カ月の息子を抱っこした時に驚きました。
抱っこの質が違う! 息子はこんなにもしなやかだったなんて!
今まで以上に、息子を腕に抱いていることが気持ち良いのです。私の腕と息子の皮膚がまるで一体。
子どもの身体の水分質は大人以上です。80%なんてものじゃない。嫌でも腕を通じて気がつかされます。

変わったのは、私です。
コンティニアムを通じて、身体の流動性を引き出し、からだが柔らかくなっていた。
関節面のやわらかさや柔軟性とは違い、からだの水分が流れはじめた感じです。
不思議とからだの力も抜きやすくなっていました。

あぁ、気持ち良い。

ロルフィングのセッションを受けたクライアントさんも似た体験をされる方もいます。
セッションを受けた直後は、身体の変化に気がつかないても
日常生活に戻られて、いつもされていることの質が違うと気がつかれます。
金曜日にいつもあった、疲労感が無い。
仰向けで寝られるようになった。
沢山歩いても、脚がつかれなくなっていた。
などなど。

私たちのからだは、パーツを交換することは出来ません。
その代わり、からだのなかのバランスを変えることは出来ます。
劇的な変化ではありません。
でも、内面に意識を向け続けると変化を感じることは出来ます。
これからも、進化せよ、わたしたちのからだ!


ロルフィングの詳細はこちらを
イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK