出張セッション

03-28,2012

本日、産後約2か月のお母さんの身体をケアしに、出張セッションに行ってきました。
小さなお子さんがいる方や、歩行が困難な方には、ロルフィングの出張セッションをしています。

私もそうでしたが、第1子は慣れない授乳なので、どうしても背中を丸める時間が長かったり、
肩に力を入れたまま、赤ちゃんを抱っこしたり・・・と身体が悲鳴を上げやすい期間です。

身体の筋膜が前に寄ってしまう、上半身を起こしにくい、肩甲骨の間がしびれる、
どうしても、意識が自分の身体には向きにくく、ふにゃふにゃの乳児中心の生活なので
自分の姿勢が多少、辛くてもがんばってしまう期間です。

でも、産後は骨盤が劇的に開いて、急に収縮する、身体に大きな変化が起きる時です。
とても大切な時期です。
ここでの無理が産後の疲労感を長引かせることもあります。

産後間もない頃は、出張セッションをお薦めしています。
なぜなら、普段家で行っている授乳の姿勢をチェックしたり、赤ちゃんの抱き方をみたり
普段の身体の姿勢や意識を、教育させてもらうことが出来るからです。

家での身体の使い方が産後の身体の回復を決めますから。
ぜひ、家族の方に理解をして頂いて、産後3ヶ月間は家事よりも自分の身体を優先しましょ。
そうすれば、その後の家庭に笑顔がきっと増えるはずですよ。

ロルフィングの詳細はこちらを
イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK