FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌のくすみが取れた

06-03,2013

先日、ロルフィングの第5セッションを終えた方からこんなコメントを頂きました。

「20代の頃から下半身の肌の色が黒ずんでいたんです。
でも、ずいぶん前に食事を改善したりや健康療法をやっていたら、くすみが抜けたんです。

しかし、震災以降は、下腹部の辺りだけまた黒っぽくなってきて、どうしたのかなって思っていたんです。
でも、前回のセッションを受けてから、下腹部のくすみがす~っと取れたんです。」

ロルフィングの第5セッションでは、大腰筋と呼ばれる骨盤と腹部を縦断している筋肉の緊張を取り除いたり、骨盤の上部にある腸骨筋の筋膜を緩めたりします。

このコメントをされた方は、「お腹周りを人から触られるのが昔から苦手でした。」とおっしゃっていました。
そのため、肋骨を腹部に乗せるように、お腹を縮ませている事が多かったです。

無意識でお腹をガードするかのように、背中を丸めて腹部を中に仕舞い込んでいることで、腹部の血行や呼吸の通り、そして身体のつながりが遮断されていたかもしれません。

こういう場合、お腹に横線が入っていることが多いです。
聞いてみると、「そうなんです。どちらかというと痩せているのに、お腹に線や入っているのが不思議だったんです」とおっしゃっていました。

腹部の広がりを引き出すことは、”内臓空間”に十分なスペースをもたらすことです。
呼吸は実は手足の先まで届いています。細胞の一つ一つにまでしっかり新鮮な酸素を送り届けられるようになると、肌の色や水分に変化が出る方もいらっしゃいます。

この方のように、セッション直後から変化を感じるのは、常にご自身の身体に興味をもっていらっしゃったからかもしれません。
劇的な変化ではないけれど、私たちの身体は良くも悪くも毎日変化しています。
それは、いちばん身近な「からだ」という相棒のサインであり、バロメーターです。
健康診断の結果だけではなく、数値に表れない身体の状態にも耳を傾けてみてください。


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸・池袋)



スポンサーサイト

セッション終了後のコメント

05-18,2013

先日、ロルフィングの10シリーズを終えたクライアントさまからコメントを頂きました。

共有させて下さい。

=====================================

お手紙とセッションの写真をどうも有難うございました。
自分の写真を見るのは何とも気恥ずかしい限りですが、お便りに頷きながら検分いたしました。

セッション中は大変おせわになりました。
受けるまでは自分で決めたこととは言え、このような年齢でセッションを受けてどうなのかしら、何か変わるのかしらとか思っていました。
でも、にいつさんから興味深い有意義なお話をたくさん伺い、回を追うごとに新しい発見があったり自分の体の変化に気付いたり、毎回探検をしに行くような
ワクワクドキドキのとても楽しい体験をすることができました。

夫からは背が高くなったと羨ましがられます。
趣味の社交ダンスでは今までよくわからなかった体の使い方や動かし方ができるようになってきたかなと感じています。
何より姿勢や歩き方に気をつけるようになり以前より元気になったような気がします。

「セッション終了でおしまいではなくこれからですよ」との、にいつさんのメッセージを肝に命じて
日々自分の内側からの声に耳をすませ前向きに過ごしていきたいと思っております。

=========================================

身体は何歳であっても、意識(トレーニングではありません)と興味で変化します。
自分の身体に興味を持つと、身体は必ず喜んで、変化を受け入れてくれるんです。

※クライアントの方の承諾を頂き、コメントを掲載させていただいております。


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸・池袋)

ロルフィング 体験 Yさん

05-29,2012

週末に10回目を終えたYさんの変化がとても印象的だったので、シェアさせていただきます。

最初は肩こりをどうにかしたいと新幹線に乗ってロルフィングを受けにいらっしゃいました。

私が受けた印象は、控えめな方だなぁと。
最初に歩行のチェックの時も、遠慮がちに歩いていました。

セッションの中でYさんの身体から、「伸びを引き出すこと」と「身体をオープンにすること」を頭の片隅に置きながらワークを行っていました。

Yさんは身体の変化と共に、体重減量の変化や、日常で感じた体調と気持ちの繋がりをよくお話くださいました。
また、お仕事での不安も。

ご自分の身体にも、可能性にもリミットを決めずに「出来ない」という考えで無く、「こんなことが出来るんだ」「私も変われるんですかね」と可能性を否定せずに、可能性を楽しんでいられたのがとても印象的でした。

からだと心の繋がりは切っても切り離せません。言い方を変えれば、からだが変化して、それを受け止めれば、こころにも変化は起きます。

9回目と10回目の間は、少し間が空いたのですが、そのお会いしなかった期間もYさんの変化は続いていて、10回目にいらしたときに、Yさんの表情と立ち姿、そしてYさん自身から出てくる自信がまるで違うものでした。

また、印象が違く見える要因として、服装に気がつきました。
伺うと「以前はその他大勢の中に埋もれていたい、そんな気分だったのでユニ○ロなどの服が多かったのですが、なぜか最近はそれまでの服がつまらなく感じてきました」とおっしゃてました。
たしかに今着ている服は、Yさんを引き立てる季節感のあるもののように感じました。

また、今回10回目のセッションにいらしたときに
「会社で自分の意見を述べる場があるので、その準備も兼ねて来ました」とおっしゃいました。
きちんと体軸を安定させて、「自分」を凛と保ち、その場に望みたいと。

正直とても驚きました。今までのYさんだったら、「嫌だな」とそういった状況を悲観しそうだったのに、今は目の前の困難に「どう」対応するか準備をされているのですから。

からだの可動域・選択肢が広がることで、アイデアや行動にも選択肢が広がったように感じました。
もちろん、ロルフィングでYさんが変化したは分かりません。ただ、そのYさんの変化の期間を共有させていただいたことはとても楽しいものでした。


※この記事はクライアントさんの了解を得て掲載しています。

ロルフィングの詳細はこちらを
イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。