FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想の探求

12-05,2017

  瞑想 めいそう

ここ数年、とても気になっていた取り組みです。

インドのパパジが亡くなるまで一緒に修行を積まれていた、イタリアのマスター、ニーラジャ先生から瞑想を学びました。

人のカラダに触れるということは、その人の深さーdeepness-に触れるということだと思います。

もしくは、その人が持っている深さに気が付いてもらうこと。

私たちが感じている自分自身、

自分だと思いこんでいる自分は、

自分のたった一部なのではないかと思いはじめてから

探求の旅は始まりました。

日本には柔道・合気道・茶道・華道など「道ーどうー」とつくものが非常に多いです。

技や稽古を通じて、人格・思考を高めるといった道の理念が入っています。

技術や知識を得ることがゴールなのではなく、

技を通じて、その深さを自分自身で掘り下げていく、終わりのない探求なのだと思います。

だから、続ける人は20年も30年もやっている。

武道などに限らず、サーフィンや音楽も突き詰める人には

サーフィン道や音楽道があるはずです。

余談ですが、武道は英語で Martial Arts(マーシャルアーツ)といいますが、

終わりのない、答えのない(動く)芸術の一つと考えるのかもしれませんね。

深さの探求は楽しいだけのものではありません。(私的意見です)

でも、気が付いてしまった自分の多面性を、無視することも出来なく、

自分の影の部分に向き合うこともあり、笑顔が消えることもあります。

以前は、もっと表面的に生きていて、楽しいことが多かった気がします。

以前のが幸せだったのか、多くの気付きを持った今のが良いのかは変わりませんが。

でも、探求の旅は既に始まっていて、後戻りをすることが出来ません。

もっと多面的に感じて、多面的に考え、深く考えるようになった今、

多少の混乱をしている私の思考を、瞑想は助けになってくれるのではないかと期待もしています。

でも、瞑想は「するもの」ではなく、「生きること」だそうです。

生活の一部にするには、習慣が必要で、考えてするのではなく、

カラダで感じられるまで、自分の一部として浸透させる必要があるのだと思います。

そこに到達するまでの過程は、道そのもの。

瞑想道

毎朝5:30に起きて、きまったソファーで胡坐(あぐら)をかいて、利き手(エゴの手)を下にして、

思考に乗っ取られない瞬間を得られるよう、貴重な時間を作っています。

さて、数年後にどうなっているか、楽しみです。

ニーラジャ先生とご一行のみなさまに、私の着付先生と着物の紹介をして・・
無題

イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/イキイキした身体づくり
スポンサーサイト

胎生学を学んで

11-01,2017

10月に奈良の信貴山の山頂にある玉蔵院さんに宿泊しながら、
胎生学のワークショップに行ってきました。

   胎生学の旅:起源に触れる

おぉタイトルからして、美しい!

私たち全ては、たった1つの細胞、「受精卵」から始まり、形を変えながら今の状態にいます。

受精卵から、胚子、胎児と呼び名を変えながら、

たった10か月の月日で大きな変化を遂げながら、この世に誕生します。

受精卵という、小さな小さな細胞の中に私たちのすべてが入っています。


卵黄嚢(らんおうのう)という胚子の栄養源は、

最初は受精卵の中で一番大きなものであり、胚子の外に存在しています。

 yorksac.jpg


しかし、胚子の成長につれて、胚子のカラダの中に取り込まれ、

まるで吸収されていくかのように、胚子の中腸に変わっていきます。

その取り込まれた、最初は「卵黄のう」と呼ばれ、そのうち「中腸」と呼ばれはじめた部分から

へその緒が出てきます。

へその緒は、胚子のカラダから、母体につながっていきます。

母体が、赤ちゃんをつなぎとめているのではなく、赤ちゃんから、母親に向かってアンカー(繋がり)を作っていきます。

まだ、何も出来ないと思っていた胚子のうちから、

私たちは自ら動き、

自ら生きるためのすべとして、母体から栄養素を取り込む経路を作り、

そして母体との関係性を求めて行動をしています。

これってすごいことです。

このへその緒から、栄養のアクセスをもらい、関係性を得た胚子は日々広がりを続けます。

受精卵の中で起きているとこは、ただ成長なのではなく、

内から外へ、外から内へ

もはや「内」も「外」もなく、Wholism(全体性)が変化していきます。

 toras.jpg

私たちボディーワーカーは

カラダを物としてみたり

腰や肩だけ、など一部を切り離して見たり

することは決してできないことをしみじみと感じることが出来ます。

カラダに触れることは、

その人のWholism(全体性)に関わっていること。

またこのワークショップ中、みんなが見ている中心でデモセッションを受けました。

自分の周りに絨毛膜が取り囲み、自分のおへそからつながりを探すワークでした。

そう、自分が胎内にいた時の状況です。

自分を周りを包む、とても心地の良い柔らかさを感じ

その先に見える(気がする)明るくて、淡いピンク色の光

とっても、温かく感じ、安心できる、環境でした。

それが、自分の体内記憶なのかどうかは確信はありませんが、

そうであってほしいなぁと思える、とても幸せな瞬間でした。

安心」はどこからか探し出してくるものではなく、

自分の中に存在しているものだと気が付きました。

また、光の向こうに何が起きているのか、ワクワクしたあの嬉しさも今でも覚えています。

あぁ、私は生まれる前から好奇心の塊だったのだと体感(笑)

まだ、何も所有していなかった頃と思っていた胚子は

それはそれは、おおきな 安心と幸福感を持ち合わせていると知りました。

美しいワークショップでした。



イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/イキイキした身体づくり

学びという旅

10-26,2017

前回に引き続き、ワークショップの話が続きます。

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
しょっちゅうワークショップに行っています。

学びが仕事なのか、日々のセッションのための学びなのか、
境目が全く分からなくなっています。

ワークショップで得た新たな知識と技術を試すために、セッションをしているのか、
セッションの質を上げるために、ワークショップに行っているのか・・
鶏が先か、卵が先か、みたいなものでしょうか。
無題


学べば学ぶほど、カラダの奥深さと知性の高さを知り、

「カラダの学び」のゴールが無いことを思い知らされます。

もしかして、ただのもの好きかもしれない。

しかーし!!いいじゃない!

ただただ、知りたいことを知りに行くだけなんだけど、
結果、ワークの質が上がっていたなら。

私のセッションを好きになってくれる人がいて、
その人にもっと喜んでほしくて新たなことを学ぶのだって、

「どれどれ、またワークショップに行ったって聞いたから、
 どんな感じかと思って、受けに来ましたよ」と言ってくれる人に「おぉ!」と言ってほしいだけだって。

学びに行ったことで、違う視点でも、ものを見れるようになって
もっと多角的に施術が出来るようになるなら―


最近は、もはや私(施術者)とクライアント(受けて)さんの関係は、お客様というより、
循環」のような気がします。

セッション料を頂いて (クライアント→私)

それでさらに学びに行き(私→学び)

その新たな知識と技術をクライアントに体験してもらう(学び→クライアント)

以前
ロルフィング興味あるんだけど、高いよね」 という方々に

「うーん、そうかもしれませんね」と答えていましたが、

今はきっぱり言える!

ちゃんと学んで、それをきちんと提供している人からロルフィングを受ければ全然高くない!」

なので、もっともっと学びたいので、もっともっとみなさんセッション受けに来てください(笑)


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/イキイキした身体づくり

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのトレーニングを終えて

10-20,2017

10月初旬は、ワークショップの連続で、学びのシーズンでした。

アメリカのキャロル先生から学ぶ
「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス モジュール4」

chorion.png

かれこれ、クラニオセイクラルを最初に勉強したのは、8年ほど前です。

その後、キャロル先生のクラニオバイオに出会うのですが、このトレーニングをスタートした5年前から
「人」は「カラダ」の次元を超えて、感じ、生きている存在と気が付かされました。

クラニオバイオの特徴は、「一次呼吸」にフォーカスすることです。

「一次呼吸」は肺で行っている呼吸とは違い、
私たちが肺も出来上がっていない、まだ受精卵だったころからあり、命を全うするその瞬間まで存在します。

生命そのものでもあり、私たちの存在の土台でもあります。
この一次呼吸のを整えることが、真のHealth(ヘルス・健康・健全さ)であると思います。

実際に触ることができる「カラダ」もそうですが、
握れなくても、触れる(関われる)ことのできる、この一次呼吸を整えていく過程が大好きです。

image.jpg

本当に深いところに落ち着くことが出来たり、

ずっと手放すことが出来なかった、習慣・パターン・癖をふっと手放すことが出来たり、

胚子だった頃の記憶に似た感覚に巡り合えたり、

スピード感のあるこの現代において、本当にゆったりした時間の経過の味わえたり、

カラダの芯が、ポカポカになったり、

「脳を休める」ということを始めて体験出来たり、

それらは全て、幸せな感覚です。

「あぁ、自分の中にこんなにも安全で幸せで、落ち着ける環境があったなんて」と気が付けた時に、

自分の外に幸せを探すのでなく、自分の中に探していたものがあったような感覚になります。

現代社会に生きていると、

・よそに目を向ける

・「今」ではなく「先」を感じる、考える

・思考を使う

ことが当たり前のように求められますので、

自分の中に今、存在する「安心」できる環境に向き合う時間は

意図的に作らない限り、忘れがちです。

それに向き合いたいと思っても、

慣れていないために最初のセッションで安心して深い感覚に落ち着くことが難しい方もいらっしゃいます。

でもそこに落ち着けた時に、満たされた感覚や、深い安心感を得られます。

自分の深さを知ってみるのも、とても面白いですよ。


ロルファ― にいつ


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/イキイキした身体づくり

完璧でないカラダ

08-22,2017

ロルフィングのセッションで基礎となる 「ロルフィング 10シリーズ」

10回かけて、
「カラダの使い方」 を学び、自分の本来のニュートラルを感じて

結果
「居心地の良いカラダ作り」
「自己調整できるカラダ」
を自己構築していきます。

では、問題です!
Q、10回受ければ、完璧なカラダが手に入るの???
thinking.png


答えは
NO です。

あ、がっかりしないで!

そもそも完璧なカラダって何?

痛みのないカラダ?
怪我をしないカラダ?
風邪をひかないカラダ?

カラダが『痛み』というサインを出してくれなかったら・・・

私たちは、カラダの一部にのみ負担をかけていることに気が付かなくなってしまいます。
腰が痛い人は、腰が悪いのではなく、腰に負担がかかるようなカラダ使いをしているだけ。

いつも同じところばかり怪我する人は・・・

カラダを均等に、あるいは全身を使って動くことが少ない
ある部分ばかりに力が入っているから。 脱力が上手な人は、本当に怪我が少ないんです。

風邪をひかなかったら?
いつまでもズルズルとひいている風は、どうかと思いますが、
さっと高熱を出してカラダの中のウイルスをさっとやっつけ、さっと熱を下げた時の
「カラダの軽さ」は、本当に気持ちが良く、まさにデトックスです。
風邪をひくことで、私たちは体の免疫力を高めて(保って)います。


私たちのカラダには生物的な能力として、「メオスタシス」という機能があります。
熱を出したり、疲れたら休みたいと思ったり・・というのは、ホメオスタシスが正常に機能している証拠。

だから、完璧なカラダを求めてしまうと、本来の自己治癒力を失ってしまいます。

言い方を変えれば、

風邪をひいてても、免疫力上げているヘルシー(健康的)なカラダ

怪我してても、自己治癒力が働いている健全なカラダ

は存在します。
sutorecchi.png


では、ロルフィングのセッションでは、何をするのか?

それは、カラダには自己治癒力やホメオスタシスの、あるべき状態に戻ろうとする機能がある様に

「カラダ使い」には快適に使える、「ニュートラルポジション」があります。

面白いのは、そのニュートラルポジションがどこなのかを、知識で知っているだけでは、全く意味がないのです。

「正しい姿勢」に惑わされている方が、どれだけ多いか。

大切なのは、

「ニュートラルポジション」から外れている時のカラダの感覚と
「ニュートラルポジション」にいるときのカラダの居心地の良さ

外れた時に元に戻れる、動きのホメオスタシスを知識だけでなく、
カラダに学んでいただく、カラダへの気付き、教育です

それが手に入れば、いつでも楽な状態に戻ることが出来るし、

自分でメンテナンスが出来るカラダを手に入れることが出来ます。

自分のカラダの「取り扱い書」を一緒に作っていくことです。

もう、誰かに治してもらうカラダではなく、自分でメンテナンス出来るカラダを手に入れてください。


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/イキイキした身体づくり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。