FC2ブログ

移転時期のお知らせ

08-23,2018

こんにちは、産後のにいつです。
8月に、自宅で第3子を出産いたしました。
その時の話は、のちほど、次回のブログにでも書こうかと思います。

今年の初めに、ロルフィング若葉の信州(安曇野地区)への移転についてお知らせをしていました。
その時の記事では7月に移動、いやもっと早まることもあり得ます・・と記述していました。

しかーし、8月の現在、ロルフィング若葉はまだここ新宿・四谷に本拠地を構えている・・・
オオカミ少年ではありませぬ。 オオカミ少年では。
クライアントさまにも 「あれ?まだ居ますか?いつ行くんですか」という質問を何度となくいただいております。

まず、言い訳から。コホン・・
7月に引っ越しする予定でしたが、松本・安曇野地区の助産院では、8月の出産では直前過ぎると、引き受けを断られてしまい、こちらで出産してから移住をすることになりました。

信州の新たな土地で、新たな命を生むっていいなぁと思っていましたが、まあ、これも運命。流れに身を任せて。
もう少し、東京生活を楽しもうと思います。
ade2d9e3.jpg
待ってて、 信州!
冬くらいには、本拠地を変える予定です。
それまで、もう少しよろしくお願いいたします。
おおかみロルファーに、ならないためにも!!

イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/イキイキした身体づくり
スポンサーサイト

重要なお知らせ=移住=

01-15,2018

2018年も始まり、みなさんまにとってはどんな1年が始まりましたでしょうか?

私たち、ロルフィング若葉は今年は、大きな転機を迎えようとしています。

ゆったりとした空間でのセッション、そして自然豊かな環境での子育てを求めて、長野への移住を計画しています。
shinshu.png

長野の松本・安曇野地域が現在の候補です。

今年2018年の夏頃を考えていますが、もう少し早くなる可能性もあります。

東京・さいたまには2-3か月に1度はセッションのために、上京してきますが、基本は長野に居ます。

東京ほどは、”ロルフィング”の知名度が高くないと思います。

その環境の中で、どれほどの方とロルフィングを通じてお知り合いになれるのか、

ロルフィングを知って、感動してもらえるのか、未知ですが、ワクワクもあります。

山と川と水と空気の質が素晴らしい、信州の地で、セッションの質も上げていこうと思います。

今お越しいただいているクライアントさんのなかでも、夏には安曇野に旅しつつセッション受けに行きますねと

おっしゃって下さる方もいらっしゃって、嬉しい限りです。

車を使っての、出張セッションも可能になると思いますので、

長野県内や長野周辺でセッションを希望される方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、ご紹介、お問い合わせ下さると嬉しいです。
yoro.png


2018年は残りの、東京とさいたま、下高井戸でのセッション、そして「都会暮らし」を楽しみつつ、

ロルフィング若葉の第2章? (んー虎舞竜じゃあるまいし!)

ロルフィング若葉のSession2? (延子さんのまねっこになっちゃう!)

ロルフィング若葉のパーツ2? (なんかお笑いネタみたい)

ロルフィング若葉の第2部? (固いなー)

これだ!シンプルに、ザ・信州ロルフィング若葉の準備を進めていこうと思います。

美味しいそばや、子連れで上りやすい山、長野情報なんでもお待ちしています!
 
そうそう、一番大切なこと!

私たちのセッションに以前から興味を持ってくださっていた方は、すぐにセッションのお申し込みをお願いします。

今から夏に向けて、リセットされたカラダで過ごしていきましょ。

イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/イキイキした身体づくり

汗をかく 避暑・夏の過ごし方

08-01,2017

今年の夏は、毎日滝のような汗をかいています。
汗をかくことは、排尿の13倍のデトックスといっている人もいます。(が、真相は分かりません。)

汗にも「サラサラ汗」と「べっとり汗」があります。
無題

サラサラ汗は激しい運動の後に、たっぷりかける汗です。
べっとり汗は、低温で半身浴したり、夏の暑い日にじとーっとかく汗です。

夏のじとーっとした日にかく「べっとり汗」は、
・皮膚がかゆくなったり、
・チクチクしたり、
・悪臭を感じたり
といやなイメージですが、簡単に言えば毒素が出ているデトックス汗です。

カラダをきれいにしてくれていると思えば、受け止め方はちょっと違う。
べっとり汗も、ちゃんと仕事しています。

ただ、汗にたっぷり毒素が含まれているので、さっとシャワーでも浴びて皮膚トラブルを避けたいところです。
私は、べっとり汗をかくと、肌がチクチク感じて辛いです。

そして、大量にかく「サラサラ汗」は、体温調整の機能が高いです。
カラダにこもった体温を、毛穴という出口から放出する感じです。

大量のサラサラ汗をかいた後は、「暑い、暑い」と言うことがぐっと減ります。
汗をさっとかける人は、夏バテしていることはあまりありません。

私は大人になってから、今年一番汗をかいているのですが、今年は夏の辛さをあまり感じません。

そんなにクーラーも必要としません。日中にクーラーを付けることは、まずありません。
扇風機があれば十分です。

クーラーが付いている → 汗をかかない → 体温調節が出来ない → 暑いまま 

汗をしっかりかいて → シャワーをあびるか、汗をきちんと拭きとる → カラダがクールダウン 

ただ、その時に大切なのは、衣類の交換 または シルクの下着 です。

汗で湿った衣類を着続けることは、気持ち悪いのはもちろん、カラダを冷やすことになります。

カラダの余分な熱を発散することとは違い、外からカラダを冷やされてしまうのは、夏でも大敵です。

シルクの下着は外の服に含んだ水分を放出してくれます。そして乾きも早いです。

シルク(下着)を着用していると、肌に触れる部分はすっと乾き、カラダを冷やしにくくなります。

「腐っても鯛」ではありませんが、かわいい化繊の下着があっても、長年着てへたれたシルクが横にあったら、つい手が伸びてしまうのはシルクの下着です。

夏もべとつかず着心地はばっちりです。

肌と体感がシルクを着用している時の、着心地を覚えているので、どうしてもこれだけは変えられません。

おっと、話がシルクにそれてしまいましたが・・

涼しい顔したイケメン、アイドルも良いですが、気持ちよく汗をかいているその辺の汗っかきの人々にも敬意をしめしましょう。


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/

さいたまで ラッキーWednesday!

07-24,2017

こんにちは、暑さが続く日々ですがお元気でしょうか?

さいたまのセッションに、ラッキー・ウェンズデイ Lucky Wednesdayを始めることしました。
wednesday.png

毎週水曜日の 10:30~、 12:30~、 14:30~ この3枠は
 1セッション  12,000円です。 <通常15,000円>


長男が今年小学校に入り、夏休みというものを味わっております。
sunflower.png
そういえば、こども園に入る前はいつも一緒で、セッションの時には両親に預けたり、夫婦で交代で見ていたりしていたものです。
さいたまでのセッション時には、四ツ谷から埼玉までいつもおんぶして通っておりました。

ロルフィングのセッションは、私にとって仕事でもあり、人生を豊かにしてくれるものであり、自己探求と啓発の源です。
なので、セッションの日々はとても楽しいものです。

しかーし2児の母でもあり、夏休みを迎えた息子とも向き合うために、
さいたまでのセッションをなるべくまとめられると嬉しいなという、本当に本当に個人的な(いや勝手な・・) 都合の為、
水曜日に来てくれた方には、特別価格でセッションをさせていただこうと思います。

この企画は、夏休みいっぱいかもしれないし、秋までかもしれません。
 → 今年2017年いっぱいまで延長にしました。
以前から興味のがあった方は、急いでお申し込みを!

お申し込みの際は ”ラッキーウェンズデイ”でお願いします。と一言お伝えください。

もう少しでロルファー認定されてから8年が経過しようとしています。
経験あるロルファーのもとで、セッションをお考えの方はぜひお越し下さい。

今まで、ヨギー、バレリーナ、実業団ランナー、妊活、もっと子どもと上手く付き合いたい、年に負けない動けるカラダを目指す、ライター、疲労に悩む、ご夫婦でもっと人生を楽しみたい、自分をもっと好きになりたい、そんな方々にセッションをさせていただいています。


イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)
HP: http://rolfing-wakaba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/rolfing.wakaba/
Blog: http://rolfingwakaba212.blog.fc2.com/

厳しい一言

02-07,2017

現在、ロルフィング若葉には6歳の未就学児から70代の年配の女性まで幅広い方にセッションをご提供しています。

よく
「何歳位からが良いんですか?」とか
「何歳くらいまでが対象かしら?」
「やっぱり若い方が変化があるんでしょ?」

と聞かれることがあります。

0歳から100歳までと言っていたことがありますが、私ニイツが言っていて、なんかしっくりこない。

歳ではありません。年齢は全く関係ない。

私は、まだ90代までの方にしかセッションを提供したことがないので、実体験としてそれ以上の方は知りません。

でも、確信をもって言える!

セッションを通じて、変化が起きない人はいない!

これ本当です。

でも、その変化の幅を減らしてしまったり、変化を気が付かないように意図的に(←私にはそう見えてしまう)見逃すよう、自分を見つめていなかったりされるかたもいます。

私がロルファーになりたてのころ、70代の女性がセッションを受けに来てくださいました。

セッション過程の変化は、とても明確でした。

でも、そういった変化について質問しても、広がった可動域や楽さには意識せず、他人から受けるストレスのこと、そして不快な感覚ばかりをお話しされていました。

私も、自分よりも年上だから・・と、敬う気持ちで「そうですか」と聞いていました。

でも数年後に気が付いたのは、「あの方がロルフィング若葉求めていたことは、自分自身の変化」ということ。

私の気が使うのは、その方の年齢ではなく、その方のカラダとその環境へのかかわりの変化でした。

それに気が付いた時には、「あ¨ぁ~、なんて申し訳ないことを・・」と深く反省しました。

それ以降、たとえ私より年上の方でも、

「私が聞いていることは、そんなことではありません。」(きつい・・)
「自分がお話がなっていることが、ネガティブなことばかりだと気が付かれていますか?」(ぐっさり)
「もっと、自分自身を感じてみてください。自分と向き合ってください」(ざくっ)

ということを言うことが出てきました。

ヒェ~ 

tsuruetoushi12_TP_V.jpg

人によっては、その言葉を話すよりも
「あー、はい」(スルー)

だけで済ませてしまうこともあります。 (お、おうぅ)

もっと自分のカラダという、一番身近な存在に

・注意を払う 

・意識する

・大切にする

そのステップが出来るようにすることが、私がセッションを通じての役割かなと考えています。

だから、セッションを受けて来ていただいてるにも関わらず、カラダと向き合おうとしない方には・・

たまに厳しいこということもあります。

それでも良いよ、という方、お待ちしています!




イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま(下高井戸)